Present from the south

まず、これを載せるにあたって・・・

Thanks you really for perceiving my feelings and putting the word.

見て下さってますか?(笑)
ちょっと、ラジオのお葉書コーナーみたくなってしまってますがお許し下さいね。
日本語だと何だかちょっと恥ずかしいので、携帯で日本語を翻訳して感謝の気持ちを・・・と思いまして。

先日、ある方に絵の「お題」をいただきました。

それは・・・

「ある朝、目を覚ますと、辺りは白い浜辺。
ヤシの木の木陰に横たわっていました。
当然、見たことのない光景、しかしどう見ても南国の島。
当然、言葉も通じない。英語圏でもないし、フランス語圏でもない。何語すら分らない・・・。
通じる手段は身振り・手振り・・・。
この地で生きてくしかない、とするとどうにかして島の人たちとのコミニュケーションを取らなくてはならない。幸運にも島の人から紙、絵の具、自然の素材などをコミニュケーションの手段として渡されました。
さぁ、まず、「自分はどんな国から来た」「どんな人間か」ということを現して下さい。


と、いうもの・・・。
この「お題」をいただいて、すぐ頭に浮かんだのは4年前に行ったあのミクロネシア・・・ここは英語圏でもフランス語圏でもないチューク語圏。
しかも、私は島に置いてあったスケッチBOOKを借りて、絵を描き、「私は日本のこういう所に住んでるの」「これこれ!こんなお魚いたよ~♪」ってよく現地の人に説明していたものです。
ちょうど、同じボランティアに聴覚障害の女の子が来ていて、その子とはスケッチBOOKやホワイトボードを使って・・・あるときは「手話教えて~♪」っていつも寝るまで話していました。
なので・・・この「お題」を下さった方は、私がミクロネシアへ行ったことを知っていたのかと思ったら知らなかった・・・とか。
これには本当に驚きました!!!!

この絵を描くときに考えたのは、筆をなるべく使わない!指で描く!ということ・・・。
伝えたい!!って時は余裕がありません。
とにかく描きながら、「これがこうでね。OK?」って顔をして相手の顔を見るのです。
時々ニッ!っとイタズラ顔で笑って目で「お願い!わかって」と伝える。

私は雪って白いものが降る国から来たの⇒白いペインティング
私はこうして絵を描いていると色んな色や形がドワー!っと海の水みたく湧き出てくるのよ⇒頭の部分

・・・・とこんな感じで描いていきました。

こんな「お題」を下さった方、とっても素敵な人です。
その方がこの絵の画像をブログで見て喜んでくださっているなら私はホントに嬉しい~~~♪
うれし~うれし~♪♪
そういう気持ちに幸せを感じ、描くのがもう!とっても楽しかった!!!
ワァ~イ!!!

d0096103_2223623.jpg

[PR]

by ririnomi | 2006-12-23 23:25 |